<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第45回織田幹雄記念国際陸上競技大会  (広島ビッグアーチ)    4月29日

(財)広島陸上競技協会の科学委員会委員として、織田記念陸上競技大会に医療サポート参加しました。
やや肌寒くはありましたが、雲ひとつない晴天に恵まれた広島広域公園陸上競技場(広島ビッグアーチ)に、すでに朝8時前から多くの陸上アスリートとそれに勝る数の観客が集合していました。東北大震災後初の大きな大会のため、震災復興プロジェクト~みんなのこころのたすきリレー~と銘打って、国内外のトップアスリートが、世界選手権の代表選考競技会を兼ねたこの大会に集合しました。
昨年のこの大会で日本新記録で優勝した女子100メートルの福島千里選手。
a0130796_23373564.jpg

地元修道高校3年生で出場した昨年の日本ジュニア100m、200mで見事優勝をさらった山縣亮太選手(現在慶大1年)など、数々の有名選手が出場。
a0130796_23415777.jpg

a0130796_23421499.jpg

陸上競技に適した気候であったせいか、例年になく医務室を訪れる故障者は少なく肉離れが2人ほど。診断後アイシングとテーピング固定を施し、地元の主治医へ連携。
しかし競技後にマッサージを希望する選手は数多く、13人ほど待機していたトレーナーは、後半になってマッサージ室ところ狭しと活躍していました。やはり、国際大会に出場する一流選手は、競技後の身体のケアも一流と感じました。
a0130796_23461684.jpg

表彰式では、オリンピック選手の高野進さんや為末大選手がプレゼンテーターとして来場され、会場が沸きました。
a0130796_23533346.jpg

a0130796_23541512.jpg

[PR]
by shigeno-clinic | 2011-04-29 23:33 | 地域貢献