<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ひろしまストリート陸上2016(平成28年5月4日)in 第40回ひろしまフラワーフェスティバル

第40回目となった『ひろしまフラワーフェスティバル(FF)』の中日に、今年で第6回目となる『ひろしまストリート陸上』が開催され、広島県体育協会スポーツ医・科学委員会の選手サポートドクターとして参加しました。
a0130796_2357313.jpg

陸上男子400mハードルの世界選手権銅メダリストの為末大さん、2004アテネオリンピック400m出場の伊藤友広さん、2014アジアパラリンピック100m200m金メダリストの佐藤圭太さん、棒高跳び広島県記録保持者の萩原翔選手と広島県出身で環太平洋大学生の下瀬翔貴選手などのトップアスリートに加え、今年はシドニーオリンピック陸上男子100m金メダリストで100m元世界記録保持者のモーリ・スグリーンさんがアメリカからスペシャルゲストで出場されました。
a0130796_23575144.jpg

萩原翔選手による棒高跳びのデモンストレーション 
a0130796_23583169.jpg

下瀬翔貴選手による棒高跳びのデモンストレーション
a0130796_003714.jpg
 
今回もステージが東端に設営されたため、目の前での棒高跳びの試技を見ることが出来、より間近で信号機よりも高いところまで飛ぶジャンプに観衆は圧倒されました。
a0130796_022169.jpg
小学生vsアスリートのガチ対決。大きく引き離してゴールした為末大さんが、一言。『大人気なかった!』
a0130796_03373.jpg

過日開催された『広島かけっこキャラバン』で最高の成績を残した小学生男子2名・女子2名がトップアスリートに走りで挑戦しました。
今年はハンディ無しのガチでの勝負で、さすがにトップアスリートの本物の走りには敵いませんでした。
a0130796_032640.jpg

男子2名とは片足義足の佐藤圭太選手が相手。アジアパラリンピック100m金メダリストにはハンディ無しでは歯が立ちませんでした。
a0130796_081162.jpg

予定外でシドニーオリンピックゴールドメダリストのモーリス・グリーンさんとオリンピアンの為末大さんがガチで勝負しました。
a0130796_0123878.jpg

a0130796_011748.jpg

挑戦した小学生選手とトップアスリートが一緒に記念撮影。
a0130796_012230.jpg

終了後、集まった観衆の中のちびっこ希望者に棒高跳びの体験のサービスがありました。
a0130796_0233859.jpg

棒高跳びに興味を持ってくれる子供が少しでもいてくれることを期待したいですね。
a0130796_0144942.jpg

スタート体験。為末大さんや伊藤友広選手、佐藤圭太選手がこども達1人1人に走りを指導しました。
a0130796_0141560.jpg

モーリスグリーンさんは、足裏全体をスターティングブロックにつけると体重が前にのりやすくスピードアップするとコメントされました。
a0130796_0154766.jpg

そして肘を意識して大きく振るようにと。
a0130796_0163844.jpg

元世界記録保持者からのスタートの極意の指導で、多くの子供たちがヒントを得た事でしょう。
a0130796_0175259.jpg

今年で40回を迎えた平和の祭典である「ひろしまフラワーフェスティバル」の会場で、広島の子供たちが陸上の世界トップアスリート「ホンモノ」を目の当たりにして走ることへの関心を高め、広島のスポーツレベルを上げる。『スポーツ王国広島』と言われる広島県ならではのこの企画。毎年続けて欲しいです。
[PR]
by shigeno-clinic | 2016-05-04 22:50 | 地域貢献

ASTCアジアトライアスロン選手権 in 廿日市             (平成28年4月29日~5月1日)

a0130796_1657129.png

廿日市市で開催されたASTCアジアトライアスロン選手権。木材港周辺特設コースで行われアジアの17か国の地域から計639人のトライアスリートが参加した。
平成28年4月29日と5月1日の両日、佐伯地区医師会からの依頼でメディカルサポートドクターとして参加した。
a0130796_17321612.jpg

4月29日(金・昭和の日)はジュニア男子43名・パラ28名の選手がスイム0.75㎞・バイク20㎞・ラン5㎞のコースを、U23女子9名・U23男子19名の選手がスイム1.5㎞・バイク40㎞・ラン10㎞のコースに参加し快走した。
a0130796_17311533.jpg

この日は、4月の低海水温のための低体温症の患者を危惧したが、その発生はなく、逆に暑さのための脱水症患者が海外2選手、日本人1選手発生した。他に落車のために1名骨折疑いで救急搬送されJA広島総合病院へ。他、靴ずれや転倒で擦過傷が数名あった。
a0130796_18283453.jpg

見事な成績でゴールした障害者パラトライアスロンの選手たち。
a0130796_17334656.jpg

a0130796_17345441.jpg

廿日市の誇る『片足の鉄人』はパラPT2クラスの第2位を収めた。本当に素晴らしい!
a0130796_17365442.jpg

5月1日(日)は一般参加者を対象にしたエイジ450名と男女4人でチームを組むミックスリレー13チームが参加した。
a0130796_1747207.jpg

シンガポール、インドからのトライアスリートの快走。
a0130796_17474753.jpg

雲一つ無い快晴で気温が27度となり、一般参加の選手に脱水患者が多発した。脱水のために筋痙攣(こむら返り)も多発。バイクの落車もあり、救護室は混雑した。
a0130796_1752472.jpg

落車して、擦過傷が多発した選手を処置するメディカルスタッフ。
a0130796_17523134.jpg

ゴール後の腰痛、大腿部の筋挫傷(肉離れ)、筋痙攣(こむら返り)に対しては、メディカルチームの柔道整復師が活躍した。
a0130796_17525177.jpg

ミックスリレーでは優勝は韓国チーム、日本チームは惜しくも準優勝だった。
a0130796_17541259.jpg

フィニッシュエリアでこの大会を支え奮闘したメディカルチームの面々。
ご苦労様でした。
a0130796_1755364.jpg

[PR]
by shigeno-clinic | 2016-05-01 16:47 | トライアスロン・マラソン