<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トップアスリート育成事業2011  -岐阜国体をめざして-      (平成24年2月5日(日))

広島県体育協会が主催するトップアスリート育成事業2011が、今回もグランドプリンスホテル広島で開催され、広島県体育協会スポーツ医・科学委員会からの指導相談員の一員として参加してきました。
今回は、今年2012年の岐阜国体に参加し活躍が期待される中・高校生ジュニア競技選手たちが、広島県のスポーツ競技団体・学校体育団体から推薦されて集合しました。

第1日目の昨日は、広島の実業団で2012ロンドンオリンピック代表内定選手のトップクラスの選手から「がんばれ!広島のジュニア選手たち」という講演のほか、「目標を達成するために」ー頂点を目指してー、「コンディショニングと食事生活」などの講義を受講。

第2日目の本日は、トレーニング実習とスポーツ医・科学相談でした。
トレーニング実習では、骨密度の測定とアイシングとストレッチの仕方を、プロのトレーナーから個別に習いました。
a0130796_22382251.jpg

スポーツ医・科学相談では、内科・整形外科に関しての障害相談のほか、栄養相談・トレーニング相談も実施されました。
a0130796_22395276.jpg

バレーボール・バスケットボール・自転車・バトミントン・陸上・アーチェリー・水泳・レスリング・柔道・山岳・剣道・ボウリング・体操という13競技の中・高校生のジュニア選手達約70名が、現在陥っている傷害の診断のほか、その解決方法、競技能力向上へ問題点、練習方法など色々な相談を受けました。
腰痛、ねんざ、肩・肘痛のほか、今回は、シンスプリント、扁平足、外反母趾、O脚変形、X脚変形という足・下肢の問題が目立ちました。
a0130796_22402951.jpg

a0130796_2241371.jpg

広島県内の国体候補選手というジュニアトップアスリート達。国体候補選手という自信と誇りはもちろんの事、スポーツに対する熱意と意気込みが並ではないと非常に感じられました。066.gif

昨年の山口国体では果せませんでしたが、広島県が国体総合成績8位入賞を達成するために、ジュニア選手を育てて行こうと広島県体育協会が取り組んでいるこの事業。051.gif

「スポーツ王国広島」の復活をめざして広島のジュニア選手たちの競技力向上のために今後もお手伝いをして行こうと思います。058.gif
[PR]
by shigeno-clinic | 2012-02-05 22:37 | 地域貢献